フリーターナースで生きていくと決めて転職した私の実体験

こんにちは、ひのでです。

sleeping woman in train at daytime

 「看護師」っていうと、仕事大変そうだね、夜勤とかあるんでしょ?、って今でも必ず言われます。

私は、「1日に働く時間と曜日は自分で決めてるし、夜勤もないし午後からゆっくり出勤だから何にも大変じゃないよ!」って答えます。


今現在、フリーターです。

一昨年まで美容皮膚科クリニックで常勤ナースとして働いていました。

美容皮膚科勤務って言うと、美意識高い系?って言われる率高めでした。

そりゃ、女ですから美容は大好きです。

でも、それだけじゃモチベーションは維持出来ず、仕事が大変すぎて転職を決めました。

 

 

 

 

 

 

馬車馬でヘトヘトの美容皮膚科勤務時代の話

美容皮膚科クリニックでの業務は

・医療レーザー脱毛の施術が9割

・美容点滴、プラセンタ注射、にんにく注射が1割でした。

 

1ヶ月の休日は9日でシフト制、年収は530万円ほど。

 

(こっから、当時の愚痴多めになりますが‪w)

午前10時00分に出勤。

更衣・物品の補充・機械のセッティング・院内清掃・膨大な量のガウンやタオルを洗濯乾燥機から出し畳んで部屋毎に振り分けます。

10:45に全体ミーティング。

11時から開院

オープンと同時に施術開始なので患者さんも次々と来院してきます。

施術室は8部屋あったので当日看護師長か主任によって各部屋ごとにナースが振り分けられます。

振り分けられた部屋がその日一日の担当です。

20時で営業時間終了

後片付け・洗濯乾燥機回す・更衣

 

どの施術室も11時の開始から営業終わるまで、ギッチリミッチリ脱毛の予約が入れられています。

過密状態。

しかも患者さんが時間通りに来てくれればいいのですが、10分15分30分遅れたりするとめっちゃキツイです。

遅刻の時間によっても対応が色々ありますが、施術部位を残りの時間内に終わらせられないと施術自体が消化になってしまったり、慌てて急いで施術して火傷になってしまったり、クレームになってしまいます。

 

レーザー脱毛は施術時間が長いのです。

レーザーを照射漏れなく施術しなければならなくて、顔又はVIOだけでも1時間、うなじだけでも30分の時間を取ります。

全身を一度に施術となると所要時間は4時間半です。

その間、重たい機械のヘッドを持ちながら照射作業をひたすら続けます。

入社して初めの研修中には腱鞘炎になります。

手首はもちろん、肩から首・背中・腰がやられます。

そして私はこの仕事を続けて頸椎ヘルニアになりました。

 首にコルセットを巻いた人のイラスト(女性)

 

患者対応もそれはそれは大変でした。

代表的な大変な患者対応は

 

♢前日の施術部位の剃毛を全くしてこないで、ボーボーな状態のVIOだとか。

時間は入室から退室まで入れても1時間しかないのに、目の前真っ暗になります。

ボーボーのアンダーヘアをつるりん状態まで剃るのは時間がかかるんですよ。

※当然、剃毛料金は追加できっちりいただきます。

 

♢日焼けしたら照射できないよ!ゆーてるのにビーチでバカンス楽しんで水着のあとくっきりだとか。

※日焼けした肌は火傷になります。

 

♢めちゃくちゃ痛がりで、照射ごとに悶えて大暴れして火傷になるから我慢するか痛み止め飲むか麻酔塗ってって言ってるのに、人の話聞かない人。

案の定火傷になったら猛クレーム言うとか。

 

♢あと、これは仕方ないかもしれないけど、巨漢の人の脱毛。

広い背中、果てしなく続くお腹、当てても当てても終わらない太もも。

肉に埋もれてたどり着かないVIO。

細い人の1.5倍の施術時間を下さい!って切実に思ってました。

 

退職を意識し始めた頃の話

毎日、汗だくになりながらレーザー照射し、ランチタイム終了と同時に次の施術時間開始なので休憩時間も満足に取れない毎日でした。

若いナース達と比べると体力もバイタリティも無いので勤務が終わって帰る時にはヘトヘトで、駅までの道のりが果てしなく感じていました。

頸椎ヘルニアにもなってしまい、このままこの仕事続けていても自分の為にならない。

これでは、私のQOLは向上しない、いくらお金があってもしんどすぎるって。

そう思って師長に退職したい旨を退職希望の3か月前に申し出ました。


職場の人間関係

ナースは私入れて12人、受付兼カウンセラーが5人でした。

ナース同士は仲が良くて、一緒に飲みに行ったりプライベートでも付き合いがあるくらい、和気あいあいしていました。

師長もすごくいい人だったし、主任は癖が強かったけど楽しい人でした。

辞めるって決めた後でみんなに全力で引き留められたけど、私の身体がボロボロだったので、思いとどまることはしませんでした。

退職後の休養

退職後、1ヶ月は全く何もせずにいました。

完全燃え尽き症候群でした。

廃人と化して1ヶ月経とうとした頃に、ようやく次の仕事を考えようかなって思い始め、求人サイトをベッドの中でゴロゴロしながら眺める日々が始まりました。

 

私の選択肢の中には”正社員”と”常勤”というワードは皆無でした。

自分で決めた自分のペースで働いていこう!って決めました。

 

フリーターへの転身

まず、ある看護師の派遣会社に登録しました。

そこは履歴書と正看護師免許の提出が郵送かメール添付でOKだったので、手軽さが良いなと思って選びました。

その派遣会社のサイトには見きれないほどの派遣の求人が掲載されていて、求人側の条件とが合えば自分が入れる日にちにネットで申し込めばいいのでとっても楽です。

 

私が登録した派遣会社です。↓

nurse.medrt.com

診療科目も病棟勤務から、夜勤・健診・予防接種・人工透析・クリニックでの業務・美容系まで多岐に渡ります。

 

毎日、メールで新着がどんどん来るので、働き口には困りません。

 

あっち側の条件も色々ありますが、空いた日に働きたい所に申し込めるので、とてもいいと思います。

 初めて派遣登録をしたのですが、こんな働き方もあるんだと目からウロコでした。

ただ、初めてのクリニックでも行ったら研修などなく即業務突入なので、自分に経験と自信がないときついかもです。

 

それと同時に、求人サイトも物色し始めました。

「とらばーゆ看護師」で今のアルバイトの主軸になるクリニックを見つけました。

日本全国、看護師はもちろん准看護師・看護助手・保健師・助産師とすべての職種で

求人を探す方法もいろんな角度から検索できます。

サイトは見やすくて、新着求人情報がどんどん更新され、気になるクリニックはお気に入り登録しておけるのでいろいろ比較できてとても使いやすかったです。

何より、求人広告の数がとっても多いから、自分の働きたい条件のところが必ず見つかります(^^♪

 

わたしが見つけたのは、性感染症クリニック。

通勤が電車で15分、駅近で週一日(固定曜日)のアルバイト募集。

時給もそこそこ普通だし、通いやすい場所だし、何より午後1時から5時間の勤務って所が気に入って、早速応募しました。

 

 

応募するとすぐさま面接してくれて、即時採用されました。

 

よくある看護師の求人で”転職サポートのアドバイザー”的な担当者がついて、そのアドバイザーとやり取りしながら見学行ったり面接決めたりするのが絶対嫌だった私。

探すところから面接まで全て自分のペースで一人でやりたい人や、他人に根掘り葉掘り聞き取りされるのが嫌いな人はこのサイトはお勧めです!

 

なんともハイスピードな過程でしたが、仕事はすぐ慣れて楽しく勤めております。

とらばーゆで見つけた職場が良かったのでその後も広げて現在に至る感じです。

 

現在の勤務形態は週4日出勤、3か所のクリニックに曜日別に入っています。

診療科目は全部「性感染症内科」です。

1日8時間の日・4時間の日・6時間の日と、日によって労働時間は違いますが、メリハリが生まれ余暇の使い方も有意義に過ごせていて、満足しています。

3か所のクリニックに勤めていても、私の場合は診療科目を統一してチョイスしているので、クリニックによって多少のやり方の違いはあるものの、仕事内容として見れば同じなので、そこも負担はかなり減らすことができています。

 

 

常勤時代の稼ぎが凄くて翌年の税金がエグかった話

私、ひとつだけ誤算がありました。

誤算と言っても自業自得でしかないのですが…。

それは、美容皮膚科クリニック時代、稼ぎが少しばかり多かったせいで翌年フリーターへの転身を果たした私に、高額な住民税と、高額な国民健康保険税が課せられるのでした。

すっかり頭からそんなこと抜けていたところに、あの自治体からの封筒が送られてきました。

美容クリニック勤務時代の稼いだお金が残ってはいましたが、そのほとんどが税金の支払いに消えた感じです(´;ω;`)ウゥゥ

 

フリーター生きていくと決めた結果

私は今のフリーターで満足しています。

私は”人生何とかなる精神”なので何となく生きていますが、収入を得る方法は一つだけじゃないですよね。

フリーターだと「お給料は働いた分だけ」だけど、普通に生活できるし何の不自由もなく暮らしていけます。

そりゃ、美容皮膚科で常勤してた時はお金使っても余ってたし、好きな美容にガンガンつぎ込めてたのを考えると”あー…”って思う時もありましたが、それも青天井なので言い出したらキリがありませんよね。

今だって最低限の美容代は確保できてるし、ゴルフや旅行だってできます。

以前は「今日も仕事だ…」って憂鬱になる時が多かったけど

毎日、余裕もって過ごすことができているのでココロ的には前よりも豊かです。

ピンク色の制服の女性看護師のイラスト

 

この記事は私の価値観で書いているので、人それぞれ生き方に対する思考は違いますが、毎日激務に追われるのが嫌だったり、自分が潰されそうになるくらいの毎日なら

無理して今の職場にしがみつく必要はないと思うのです。

自分の働きたいように日々の生活を組み立ててみてはどうでしょうか? 

 

   

 

にほんブログ村 健康ブログ 40代の健康へ
にほんブログ村 

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 function disableSelection(e){if(typeof e.onselectstart!="undefined")e.onselectstart=function(){return false};else if(typeof e.style.MozUserSelect!="undefined")e.style.MozUserSelect="none";else e.onmousedown=function(){return false};e.style.cursor="default"}window.onload=function(){disableSelection(document.body)}