アブナイ꙳★*゚ナースのブログ

現役フリーターナース(元美容系・今は性感染症内科3つ掛け持ち勤務)が斜め系ナース目線で性病から美容まで割といろんなことを書いてます。

性病けんさはどこでできますか?の質問に答えます。

こんにちは、ひのでです。

 

性病初心者さんからこのような質問がいくつもあったので、ここで答えちゃおうって感じです。

 

目次

 

 

①、性病ってどういうものか?


性感染症(性病)って、性器・口・肛門を使った性行為によって人から人へ感染する細菌性の感染症で、そのほとんどが粘膜同士の接触によって起こります。

 

 

②、性病検査はどこでできますか?

泌尿器科クリニック

婦人科クリニック

性感染症クリニック

保健所

自宅

 

 【泌尿器科クリニック】  

男性はこちらに行ってください。

 

 

・泌尿器科は、腎臓~膀胱・尿道までの病気、男性の前立腺や精巣の病気も専門的に診ているので、男性の性器の病気の診断や治療に詳しいです。

 

・症状が既にある場合は、病名が付くため検査・治療を保険適応で受けられます。

 

・誰かに見られても、性病で受診とバレにくいと思いますよ。

 

 

【婦人科クリニック】

女性はこちらに行ってください。

婦人科なので、患者さんは女性しかいないから安心です。

 

・泌尿器科では女性の性病には対応していないのですが、婦人科はどこのクリニックでも女性の性感染症は対応してくれると思います。

 

・特に女性の尖圭コンジローマなど、子宮口周辺や膣内にデキルものは婦人科でないと対応できません。

 

・膣・子宮・卵巣のびょうきを専門に診ているので、女性特有の病気の診断や治療に詳しいです。

 

・症状が既にある場合は、病名が付くため検査・治療を保険適応で受けられます。

 

・一般の婦人科なので、混雑してたり待ち時間長かったりする場合もありますね。中には予約制で診療しているクリニックもありますから、調べてみてくださいね。

 

 

保険証のイラスト

 

【性感染症クリニック】

・性病に特化してるので検査や治療に詳しい。

 

・男性・女性の性病全般を網羅しているので、性病に限らず細菌・ウイルス・カビなどが原因の感染症に対応できます。

 

・症状ある・ないに関係なく保険は使えない自費診療の所がほとんどでお金がかかります。

 

・比較的遅い時間まで開院してたり、土日も開いてるところもあるので自分のライフスタイルに合わせて行きやすいです。

 

 

【保健所】

・ 全国すべての自治体の保健所で実施されてるかは自分の自治体のホームページを見てくださいね(*^^)

 

・毎日いつ行っても検査できるわけではありません。

 

・曜日や時間が決まっていたりしますので、何度も足を運んだりしなくてもいいように、事前にかくにんが必要ですね。

 

・検査項目も、場所によってバラツキがあるようです。HIVと梅毒だけだったり、クラミジアや淋菌までなら検査できたり。

 

・保健所でできるのは検査だけですので、もし性病に罹っている場合は他の泌尿器科・婦人科・性感染症科での受診と治療が必要です。 

 

♢参考までに新宿にある保健所の無料検査について記載のあるHPです。

東京都南新宿検査・相談室

 ⇊

http://www.tmsks.jp/

HIV検査を無料・匿名で受けられ、HIVカウンセラーに相談もできる場所ということが記載されています。

 

 

【自宅】

・自宅での検査は郵送で検査キットが送られてきて、郵送で提出します。

 

・忙しくて病院になかなか行く時間が取れない人や、ひと目が気になって病院に行くのが抵抗ある人はこれでもいいかもです。

 

・検査項目は検査機関によっていろいろありますが、複数検査のセットなどもあるので気軽に利用できます。

 

・検査だけなので、陽性が出た場合は、保健所同様に他の医療機関での受診と治療が必要になります。

 

・家族がいる場合、うっかり受け取れずにポストに不在表なんか入れられてしまったらヒヤヒヤものですって人はその辺、注意が必要です!!

不在票のイラスト

受け取り方法が選べたり、商品名が中身がわからないようにしてもらえるようですので安心ですねw

※(アダルトグッズやエッチな下着と同じじゃないかw)

 

・自分で検体採取して送り返せばOKです。採取方法はちゃんと説明書を見ながらやれば大丈夫です。

 

いくつか自宅での匿名検査できる検査機関を載せておきますね。

  ⇊    ※クリックすると各サイトに行きます

 ・郵送の性病検査なら予防会

 

 ・ 性病検査のエキスパート!さくら検査研究所

 

 ・性感染症検査キット

 

 まあ、自分が一番利用しやすい手段を選ぶのが一番だと思います。

 

 

③、検査費用について

 検査費用については、クリニックによってマチマチです。

 

【性感染症クリニックでの費用】

保険は使えません。

初診料・再診料は0円です。

所によっては、相談料がかかることがあります。

完全自由(自費)診療なので検査1項目あたり3000円~8000からと、病院ごとに価格設定には幅があります。

※例として、クラミジアの性器の検査(男性なら尿検査、女性ならぬぐい検査)で1項目、ノドのうがいの検査で1項目、性器とノド合わせて2項目というカウントになります。

 

値段が高いと思いますが、項目積み上げることにディスカウントされたり、いろんな検査セットを出してるクリニックが多いので、案外お得に治療まで完了できることもありますよ。

 シリアスな問診のイラスト

 

【 泌尿器科・婦人科での費用】

検査1項目あたりのお値段的には自由診療のところと大差ないようです。

ですが、症状がある場合は検査・治療ともに保険適応できるといった感じです。

なので症状がある場合は保険証を出して3割負担で済むんじゃないでしょうか。

 

【保健所での費用】

 先ほども言いましたが、無料です。

ただし、項目や日時などに制約がありますので、そこをきちんとチェックしてから利用してくださいね。

 

【郵送検査キット料金】

 決して価格は安いわけではありません。

これも会社によって、また検査内容によって値段設定はバラバラです。

3000~4000円から25000円くらいまで、いろんなセット検査がありますよ。

 

   

どの方法でもカード決済ができると思うので、多少金額が高くても何とかなりそうですか?

どの手段で性病の検査をするかは、あなたのお財布と相談しながら考えてみてくださいね。

 

性器やノドに異常を感じて、嫌な予感がしたらまずは検査してみましょう。

私の記事が参考になれば幸いです。

 

 

このブログが良かったよ!って思ったら⇩ポチっとお願いします。ナースのひのでが喜びます(^^♪

 にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

 にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 function disableSelection(e){if(typeof e.onselectstart!="undefined")e.onselectstart=function(){return false};else if(typeof e.style.MozUserSelect!="undefined")e.style.MozUserSelect="none";else e.onmousedown=function(){return false};e.style.cursor="default"}window.onload=function(){disableSelection(document.body)}