このイボ、尖圭コンジローマかも?って心配な男性に伝えたいこと。

こんにちは、ひのでです。

 

今回は、以前ちょこっとだけ取り上げたことがある 

尖圭コンジローマについてリライト&もう少し深掘りしてみたいと思います

 

 もくじ

 

 

 

 

 ちなみに、感染者の9割は男性です。

 

尖圭コンジローマとは

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%96%E5%9C%AD%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%9E

 

   ⇧    どんな感じのやつか、

いろいろ想像するより画像で見たほうが早いです。こちらに何点か写真あるので見てください。

※誰にでもわかりやすい記述なのでウィキペディアを載せました。

 

 

grayscale photo of man using magnifying glass 

 


尖圭コンジローマでクリニックに来る人は沢山います。

 

「コンジローマで」と言うより、

「最近イボみたいなのができて、心配できました。」

って感じで来ます。

 

 どこにできやすいか?

・亀頭
・カリ
・皮
・尿道口の入り口

これらが典型的な好発部位です。

 


オーラルで口の中に感染し、のどにイボができることもあります。

 

 

 

 自覚症状

視覚で認知できることだけ。
痛くも痒くも違和感もありません。

 

原因ウイルスはHPV(ヒトパピローマウイルス)

コンジローマを持っている人とHすると、高確率でウツリます。

 


最近は20代の感染者が増えています。

 

 痛くもかゆくもないのに治療の必要ってあるの?

と思うかもしれませんが、治療しないとどんどん増殖し、増大し

排尿や性交に支障が出たり、とにかくアソコがえらいことになります。

 

 治療

・外用薬でクリーム塗る
・液体窒素で焼く
・レーザー照射する

が一般的な治療です。

 

クリニックによって治療方針が違ったりするので、ネットや電話で確認してから行くのをお勧めします。

 

 

外用薬(クリーム)

広範囲にイボができていたりするとクリームで治します。

強い薬なので注意が必要です。

  • 1日置きに使う。
  • 寝る前に塗って、朝洗い流す。

2~4週間続けます。

 

使い方を守らないと健康な皮膚粘膜までただれる副作用の強いお薬なので、

処方されたら用法用量を守ってくださいね。

 

 

肛門周りは塗っていいけど、尿道や直腸内には使ってはダメ。

表面で目視できる所のみ塗ってください。

(※コンジローマでは無い良好な皮膚も強い刺激でただれてしまう為です。)

 

クリームの治療は回数がかかるため、レーザー治療を勧めたりします。

 


炭酸ガスレーザー、液体窒素

限局的(立体的なもの、カリフラワー状のもの)だとこちらが有効です。

痛そうですけどね。

 

 

 

 

感染から発症まで

 

HPV(ヒトパピローマウイルス)に感染してから

3週~8ヶ月平均3~4ヶ月)の潜伏期間を経る 

    ⇩  

小さい米粒のようなイボを発見  

    ⇩  

早い人はこの時点で病院受診し治療    

    ⇩

治癒する

 

 

早く気付いて治しちゃえば良いのですが

気づかなかったり、放置すると、徐々に大きくなり

数も増えてきます。

大小の鶏冠状(ニワトリのとさかのような)や、カリフラワーのように隆起した

イボになります。

 Animal, Chicken, Hen, Poultry, Beak, Bird, Close-Up


おしりの穴の周りや直腸内にできることもあります。

それはMSM(男性間性交渉者)に多く見られます。

 

おしりの穴の周りのコンジローマは、かゆみや痛みがある場合もあります。

そして、HIVや梅毒との合併率が高いので同時にほかの検査も勧められたりします。

 

 

コンジローマがきちんと完治するまで、本当はHはしないほうがいいんですが

そうすると長期的なガマンをしなければなりません。

再発しないことまで確認してからとなると例えば1年とか、、、

つらすぎます!

 

 

 検査

視診
綿棒(ブラシ)での細胞採取
血液検査

 

 視診

医師が視診して診断します。

 診察台に乗って診察します。

 

性感染症専門クリニックでは

診察室に女性看護師はいますが視診には同伴しませんので

安心して医師に全てをゆだねてくださいね。

 

 

 

ブラシでの細胞採取

イボとかできてないけど、ウイルスが存在しているかの検査です。

 

ブラシで、亀頭・陰茎・陰嚢の3か所をこすり、

検体容器に入れて検査機関に提出します。

 

ブラシと言ってもとてもやわらかいので痛くありません!

 

 

 

血液検査

HPVはとても多くの種類が存在するので

がんの原因ウイルスであるHPVの判別のための検査です。

 

尖圭コンジローマとがんの原因になるHPVは種類が違ってきます。

 

少し難しい言葉を使いますが

検査項目は

  • 高リスク:発がん(子宮頸がん、口腔がん、咽頭がん他)に関連の深い悪性型のウイルス
  • 低リスク:いわゆる尖圭コンジローマに関連する良性型のウイルス 

 に分類されます。

 

 この血液検査をして高リスクの項目

陽性(+)が出た方によく聞かれることがあります。

「陽性の場合は何か治療するんでしょうか?」

    ⇩

答えは

何もしません。

女性の場合は、すぐに婦人科で頸がん検診をすることを勧めますが

男性の場合は、感染している事実を受け入れることしか無いのです。

というか、この時点では

"男性の場合はどうすることもできない”

が正解かと思います。

 

なので、医師の中には

男性に対しては、この検査自体をお勧めしない主義の医師もいます。

“この検査やったところで…”感が強いのだそうです。

 

 

もしパートナーがいるのならHPV高リスク陽性(+)を、相手にきちんと伝えてくださいね。

それが誠意ある対応だと思うのです。

 

 

 あと最後に、結構こういう人多いけど、ちょっと言いにくいこと。

 

ホーケイのあなたへ

 

尖圭コンジローマって、

真性・仮性ホーケイの皮の内側に隠れてできている事が多いです。

 

 (※私は見れないので医師に図解付きで、でいろいろ聞きました。)

 

くっつきあった皮同士、皮に包まれた亀頭とが密着して一気に増えてしまうのです。

 


常にムケタ状態でいられればいいけど、かぶっちゃってる時の方が断然多いですよね。

 

特に苦労するの真性ホーケイの人。

出入り口が狭くて亀頭を出させるのも一苦労だから、薬を塗るのも大変みたいです。

 

そうすると、クリーム塗ったら包皮内に皮膚の炎症が広がっちゃったり

なかなか治らないし、繰り返しやすくなるんです。

 

HPV(ヒトパピローマウイルス)に感染すれば

コンジローマの巣窟になってしまう危険大です!

 

当院の医師は、包茎手術をオススメするとのことです。

 

一般の泌尿器科で包茎手術できれば、保険適用できるから費用も安く抑えられますよね。

 

皮ごとコンジローマを根こそぎ排除!

 

余分な皮をスッキリさせれば、コンジローマも完治目指せるし、再発も防げる。

 


保険適応の手術ができるのは真性包茎に限ります。

仮性くんは保険適応ではないのでごめんなさい。

自費診療の形成外科病院などで切ってもらって下さい。

 

 

【メンズサポートクリニック】  

 

 ⇧ 最新の包茎治療、切らない長茎、陰茎・亀頭増大、ED・早漏治療

男の悩みを一手に解決できそうですね。


 

 

HPVワクチンのこと


まだ尖圭コンジローマになったことなくて、この先うつされるのがとても怖い!

検査してもウイルス持ってなかった!

っていうのであれば

HPV(ヒトパピローマウイルス)のワクチン接種してもいいんじゃないでしょうか?

このワクチンは世論で様々ありますが

私は否定的ではありません。

 

 予防注射を受ける人のイラスト

子宮頸がんや尖圭コンジローマなどのHPV感染症を予防するための

 「ガーダシル」というワクチンがあります。

自費なので安くはありません。

 

性感染症クリニックでも、ワクチンやっているところは限られますので、

ネットで情報収集してくださいね。

 

 


あれ?なんだかデキモノがあるぞ?

あれ?なんだか大きくなってるぞ?

 


そう心配になったらまず受診です。

そして、感染予防のためにコンドームもお忘れなく。

 

   

 

このブログ良かったよ👍って思ったら

ポチして頂けるととても嬉しいです!

 にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

 にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 function disableSelection(e){if(typeof e.onselectstart!="undefined")e.onselectstart=function(){return false};else if(typeof e.style.MozUserSelect!="undefined")e.style.MozUserSelect="none";else e.onmousedown=function(){return false};e.style.cursor="default"}window.onload=function(){disableSelection(document.body)}