女性がつらい性感染症その②

こんにちは、ひのでです。

 

女性が辛い性感染症なんだと思いますか?

 

 女性によくみられる感染症の一つです。

 

少し前にトリコモナス症の記事を書きましたが

今回は第二弾です。

 

それは

 

 

性器カンジダ症なんですよ。

 

 

性器カンジダ症とは

 http://jssti.umin.jp/pdf/guideline2008/02-10.pdf

 

 


もう、めっちゃ痒い

猛烈痒い、なんと言ってもそれがつらいですね。

 


痒いんです!

って訴えてくる患者さんはみんな

 

痒くて痒くて掻きむしって

血が出てくるほど掻きむしるくらいの、我慢できないくらい痒いんです。

f:id:AKYtan:20191216174121j:image

 

 

そうすると、トイレの度に染みるし

掻くと刺激で後々、デリケートゾーンの色素沈着も心配です。

 

 

 

カンジダの症状

・酒粕様の白いオリモノ 
(カッテージチーズ様とか、ヨーグルト状とかの    表現もあります。) 

・強い痒み 

・膣からガイインブにかけて痛み、腫れ、赤み

・トイレや性交時に痛い

 

 

 


治療

・抗真菌薬のクリームを1日2回、 ガイインブに塗る

 ・抗真菌薬の膣錠を1日1回寝る前に、膣の奥に入れる 
  ※二つを併用します。 

・時により内服薬の処方されることもあるらしい

 

 


カンジダ症の原因菌は、酵母様真菌のカンジダ菌で カビの一種です。

 カビ菌のイラスト

 


それは元々皮膚粘膜の常在菌で、口の中、消化管、膣、皮膚にいるものです。

なんと、空気中にも存在します。

 


カンジダ症は

他の性感染症とはちょっと違って、性行為してなくてもなるんです。

 


例えば

・風邪や膀胱炎で抗生剤のんだら    カンジダ症になった

・妊娠してからカンジダ症に何度かなった

・アソコを不潔にしてたらカンジダ症になった

・ガイインブにステロイドの塗り薬を塗り続けていたらカンジダ症になった
 
・寝不足が続き多忙な毎日で疲れた頃にカンジダ症になった

 

など、様々な要因で免疫力の低下が原因で発症することが多いです。

 

ピル飲んでる人、糖尿病、ストレス、疲れ、肥満、他の性感染症併発など

も関係しています。

 

 

抗生剤飲んで膣の元々の細菌まで退治されてしまったり

 

ステロイド剤を長期間塗ると、これまた塗っていた皮膚粘膜のバリア機能が低下し

 

今まで少数定数で常在していたカンジダ菌が異常に増殖して起こると言われています。

また、カンジダ菌は増殖が速いんだそうです。

 

 

そしてこれ、大事な事なのですが、

カンジダ症と併せて他の性感染症にも、同時に感染してる人も多いんです。

その時にカンジダ症の症状をちゃんと伝えて下さい。

クラミジアや淋菌の症状が目立ってしまって、先に抗生剤を飲んだり点滴してしまうと

一気にカンジダ症が悪化してしまいます。

 

クラミジアや淋菌に対応する抗生剤は、おなか壊すほどの強い抗生剤です。

腸内細菌もやられてしまうので、膣内も同様です。

膣内の常在細菌のバランスは大乱れになり、カンジダ症が悪化するのです。

 

この場合はカンジダ症の治療を先にしてから、他の性感染症の治療をすることになります。

 

f:id:AKYtan:20191217124822j:image

 

また

なぜ妊娠したらなりやすいの?

と思うかもしれないけど

妊娠すると体力も免疫力も落ちやすくなるんです。

また、膣内の酸性度も低下するためもあります。

 

 

 

 

これだ!という原因がはっきりわからなくても、カンジダ症を起こす人もいます。

 

 

ちなみにですが、、 

参考までに、男性の場合はこちら ⇓

♢カンジダ性亀頭包皮炎(赤み、かゆみ、ただれ、白い分泌物など)

♢陰嚢カンジダ症

♢尿道炎

男性がなることはそれほど多くはないですが、症状があったら治療します。

 

 

 

何を隠そう、私も

小学生のころに1度だけカンジダ症になったっぽいんです。

 

めっちゃ痒くて、じっとしていられない 。

もじもじもじもじもじもじ…ずっともじもじもじもじ

 

でも親に言えなくて病院には行かず、ただひたすら耐えてました。

 

オリモノはどうだったかは覚えていませんが

ガイインブは赤く、果てしなく痒かったのは憶えています。

 

必死で耐えていたら何日かして痒みは治まったので、そのまま忘れていました。

きっと、カンジダ症だったんではないかなーと考えます。

 

 

人によっては 何度も再発を繰り返すこともあります。

 

 

 

カンジダ菌は常在菌なので、カンジダ症は特に確認検査は必要ありません。

常に存在する菌なので、なくなることはないんです。

 

カンジダ症の症状が落ち着き、改善されたら治療を終えます。

 

それまでは

パートナーとの営みは控えたほうがいいです。

膣炎起こしてるからきっと痛いし、 いろいろ気になって、きっと散漫になっちゃいます。

 

 

日頃、気を付けることは

できるだけカンジダ症の原因になるようなものは避け、ガイインブを清潔に!

 ※(でも過度に洗いすぎないでくださいねw逆効果になるw)

 

 

もし症状が出たときは、また治療してくださいね。

掻いてしまう前に早めの受診を!

 

それと、性感染症でもあるので、パートナーがカンジダ症と言われたら

一緒に治療したほうがいいです。

 

女性が短期間に何度も発症を繰り返す場合は

症状が出てなくても相手の男性にも検査を受けてもらって下さい。

 

 ピンポン感染は避けたいですよね。

※(カップル間で感染を繰り返す事)

 Ping Pong, Table Tennis, Paddles, Table, Games, Sports

 

 前回、こちらの記事も書きましたので

どうぞ読んでみてください♪

www.abunainurse.com

 今回の記事とあわせてぜひどうぞ♪

 

 ↓ こちらもポチ、お願いします。。

 にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 function disableSelection(e){if(typeof e.onselectstart!="undefined")e.onselectstart=function(){return false};else if(typeof e.style.MozUserSelect!="undefined")e.style.MozUserSelect="none";else e.onmousedown=function(){return false};e.style.cursor="default"}window.onload=function(){disableSelection(document.body)}